CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 日曜のお昼は・・・ | main | 政治と宗教の壁 >>
愛・ターン
きとうむらでパンの製造・販売が始まって1年が過ぎ、

村内にもだいぶん浸透してきたようで 日替わりパンなど

楽しみに来店される方も増えて来ました。


お店にとって売り上げアップ♪というのは喜ばしい

ことですがもうひとつ私にとって嬉しいこと、

それは顔見知りの村内の方が増えるということです。


自分の住んでいるエリア以外の方とはなかなか話す

機会も少なく、身内や友人が誰一人居ないところに来た

Iターン者の私には これはとても重要なこと。

こちらに来たばっかりの頃、引越しの荷物やらなんやかんやが

落ち着いたある雨の日、子どもたちが学校へ行ってしまって

一人になった時 ふと寂しくなって泣いていたこともありました。


自分で選んだ道だから、と あまり弱音を吐かずに過ごして

いましたが きとうむらで働きだして愚痴でも何でも話せる職場の

仲間もできて、今ではすっかり居心地のいいポジションに身を

置いています。


田舎暮らし、やりたいことは木頭の山ほどあるけれど。


今はもっぱら 人の繋がりを楽しんでいます。




* くにもと ともこ *





| - | 11:08 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
☆Take It Easy!さん、こんにちは。

「老いても住み続けられる地域」。
ほんとうにとても大切なテーマです。
それぞれの地域のよさを活かした、子どもも大人も
生き生きと暮らして行けるそんな場所が偏らず、
各地にいっぱいある国になって欲しいです。

たくさんのビジョンの中の1つが動きだすと
ご先祖さまも協力してくれて
意外と早く牟岐での暮らしが始まるかもしれませんね!
| とも | 2010/06/21 2:43 PM |
ともこさん こんにちは。
7/3に宍喰で地元NPO法人さん主催の「老いても住み続けられる地域づくり」というシンポジウムが有るようです。

僕も先祖の地である処に拘りは持っていますが、牟岐には空き家情報が載ってますが、移住するには収入源が無いとなかなか厳しいものですね。
しかし僕も同じく町おこし的に地元諸先輩方に教えを乞いながら、農を中心にやりたい事・やってみたい事、浅はかなビジョンだけは沢山有ります。
| ☆Take It Easy! | 2010/06/15 2:29 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kitomura.jp/trackback/1070285
トラックバック